小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

11月12日 Mプラン マッコウクジラとカツオドリウォッチング ブルーウォーター素潜り

11月12日 Mプラン マッコウクジラとカツオドリウォッチング ブルーウォーター素潜り

11月12日 Mプラン マッコウクジラとカツオドリウォッチング ブルーウォーター素潜り

画像の説明

今日はMプラン マッコウクジラウォッチングの島民ツアー♪今日もイルカよりもマッコウということだったので、南島周辺を通る時だけ少し探して、そのまま南東海域に向けて爆走・・・したいところでしたが、東からのうねりと風があって、ゆっくりとしか進めませんでした。マッコウ海域に入ると、さっそくブロウがあがり、マッコウクジラ発見!動きが速かったです。その後、あっちにもマッコウ、こっちにもマッコウ。海は凪ぎて静かになり、さらにブリーチ×2!

画像の説明

そして、親子クジラが再開するシーンを目にしました。マッコウクジラは1000m潜りますが、子供のクジラが肺が未発達のため、深く潜れず、水面で待機しています。そうすると一度離れ離れになるのですが、一頭の子クジラをウォッチングしていると、遠くから親クジラが寄ってきて、合流!貴重な再会シーンでした^^

画像の説明

昼食休憩の後も、マッコウクジラウォッチングしか興味がないお客さん。w
しかし昼食をとって午後になると、パタっといなくなりました。ハイドロフォン(水中マイク)をいれてみても音が聞こえず。かなり広範囲を聞こえるマイクなのですが、急にいなくなるなんてあり得るのかと驚きました。あんなにいたマッコウクジラがまるでテレポーテーションでもしたかのように、一頭残らず午後はいなくなりました。リクエストでマッコウ海域で素潜りしたいとのことで、ブルーウォーター素潜りタイム。帰ってくるときは、カツオドリが海に向かって壮大にダイブしている鳥山を2回みました。日が沈むのも早くなってきました。

画像の説明

画像の説明

マッコウ太鼓

コメント


認証コード4265

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional