小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

2月20日 貸切ツアー 魚突き ★魚突きの安全対策

2月20日 貸切ツアー 魚突き ★魚突きの安全対策

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

2月20日 貸切ツアー 魚突き

画像の説明

今日は風が強く、吹き飛ばされそうでしたw
催行しようがぎりぎりまで迷いましたが、西側が思いのほかなぎていたので、西側限定で島影にびったり張り付けばいけると判断。

そして、今日はなにより魚突きツアー。

画像の説明

私も趣味で魚突きをよくやるので、魚突きのお客様をご案内することは嬉しかったので、なるべくやりたかったのです。

ただ、反面、それがいかに危険なスポーツであるか、日々、痛感しています。そのために安全対策を素潜りの学校では、やりすぎなくらい、お願いしており、今回は特に念入りにお願いしたという経緯があります。こちらは長くなるので、また後程。

さてさて、最初は比較的浅めのポイントをめぐりつつ、チェックダイブです。それから徐々に難易度の高いポイントへ。皆さまも徐々にエンジンがかかり始め、巨大なバラハタ、アジアコショウダイ、そして、終盤にはヒレナガカンパチ祭りでした。ここまで獲ってくれると、ご案内したほうもうれしくなります。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

食べきれるのか心配になりましたが、今回は、団体様で20名近くいらっしゃるようなので、これでも足りないくらいだそうですw そして帰り道。ちょっと見慣れないぐらい多くの船が集まっていました。近づいてみると・・・ザトウクジラが色んな船に挨拶して回るかのように、あっちすりすり、こっちすりすり。

画像の説明

こんなに近づいて大丈夫なものなのか、心配になるぐらい近くに来ていました。でもお客様は見慣れないザトウクジラが近くに何度も出て大興奮!

画像の説明

島中の船が集まっていたので、個人的にはそっちのほうが面白かったです。

まとめ

今日は私が普段、魚突きしている秘密ポイントを、あちこち、すごい勢いで回りました。回ったポイントの数、5ポイント!

そして、大漁!
よかったよかった^^

今日は風が強かったので、行けるポイントが限られましたが、まだまだ、面白いポイント、大物ポイントがたくさんあります。

またご案内させてくださいね♪

画像の説明

PS、カンパチを一匹頂いたので、早速お刺身にして、アラは大根の煮物に。ご近所さんにお裾分けしたら評判よかったです。ありがとう~^^

画像の説明

画像の説明

★魚突きの安全対策について

素潜りの学校では、魚突きのツアーを行う際は、以下の安全対策にご協力頂いています。

1.全員、フロートを使用する。

画像の説明

フロートを使って頂くことによって、船から見つけやすくなり、ロストを防ぐ他、他の船からもひかれにくくなります。また、大物を突いたときに、手を放しても回収しやすいというメリットもあり、海に引き込まれる危険が回避されます。
また、バディを組んで潜った時に、上から見ている人から緊急で潜っている人に連絡をいれるときに、フロートからひかれたラインをひっぱれば良いというメリットもあります。

2.バディを組んで、交互潜航する。

画像の説明

バディを組んで、交互で潜航することで、水中で何らかの事故があったときに、すぐに対策行動がとれます。全員にゴム付の笛を渡しており、緊急事態が起きた時は船長に向けて、3回断続的に笛で合図を鳴らし、緊急事態であることを知らせます。

また、交互潜水することで、クールダウンの時間を設け、過集中状態(のめりこみすぎて、周りが見えていない状態)を防ぎます。

3.一度に海に入るのは4名まで

4名様、2バディまで。これが魚突きで水面から監視できる、今のところの限界だと感じます。これ以上の人数になった場合、半分の方はお休み頂いて、交互に入って頂く、という形になります。

その他、ツアー全体として取り組んでいる安全対策はこちら

★魚突き貸切ツアー(貸切合計料金・人数問わず)

 入港中  1日 75000円 / 半日 45000円
 出港中  1日 50000円 / 半日 30000円
 1日は(9:00~15:00)
 半日は(9:00~12:00)または(12:30~15:30)
 定員8名(船の定員は15名。魚突きの場合、一度に海に入れるのは4名まで)

 ※上記は魚突き経験者の方が対象となります。
  魚突きを習いたいという方は別途、お問い合わせください。

 ※東京都は魚突きは条例で禁止されておりませんが、更に
  小笠原漁協さん、東京支庁産業課さんと事前に相談の上、
  小笠原独自のルールもふまえた上で、許可されている
  場所、海域、魚種、漁獲方法でのみ、獲っています。

 ※とれた魚はすべて自分達で処理していただいています。

 お申込み・お問い合わせ 04998-2-7775素潜りの学校

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード6975

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional