小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

5月8日 ケータ島上陸リハーサル

5月8日 ケータ島上陸リハーサル

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

5月8日 ケータ島上陸リハーサル

画像の説明

海にいかないと損した気分になるので、ケータ島に行ってきました。朝6:30出港。出港すると、凄まじい霧。西島がなくなっていましたw

画像の説明

画像の説明

霧に包まれたこの島は幻想的で荘厳な、全く別の世界のようでした。この時間に海に出た人にのみ見ることを許された、何かでした。

画像の説明

画像の説明

急に温かくなったので、海水温が冷たいと、温度差でこのような霧ができるようです。

孫島を超えても、霧が晴れたり、出てきたり。霧で虹ができていました。

画像の説明

画像の説明

視界が0に近くなるときもあり、なかなかスピードを出せず、GPSを頼りに進みました。ひんやりと冷たい風が時々ありましたが、南の追い風だったので、スピードを出しても、ほぼ、風を受けることなく、気持よい航海でした。

嫁島を素通りし、

画像の説明

針の岩を横目に、

画像の説明

むこ島に着いたのは8:30。

画像の説明

朝ごはんを食べて、少し休んでから、むこ島を一周し、船がぶつかりそうな浅瀬を確認。ついでにスノーケルしたら楽しそうなポイントや潮流が速くて危ないポイントもチェック。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

日はあがっているはずなのに、島のどこにも薄い霧がかかり、夢と現実とハザマのような、忘れてしまったことを、思い出せそうな、そんな雰囲気がこの島を包んでいました。

10:30、いよいよ、むこ島、上陸です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

他船様のツアーで何十回と来ている島ですが、自分の足で歩くとやはりところどころで迷いました。以前に比べて、ケータ島に来るツアーもめっきり減ってしまい、草木がはえて、道が分かりにくくなっているところや、完全になくなってしまっているようなところもしばしばありました。

画像の説明

画像の説明

でも、ところどころに、石が積んであったり、矢印があったりして、助かりました。先人の方々に感謝です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

船に戻ってきたのが12:30 思ったより時間がかかってしまいました。お昼休憩後、13:10 先ほどチェックした、むこ島の面白そうなスノーケルポイントに移動。

画像の説明

むこ島の北東部分に、湾になっていて、浅瀬がぽつぽつとある、場所でスノーケルしてみました。

画像の説明

水中に鶏のような岩を発見。ここのポイントをロッキンチキンと命名w 島のおいしい唐揚げやさんと同じ名前です。

画像の説明

珊瑚があり、地形が起伏に富んでいて、魚影も濃く、面白いポイントでした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

上げ潮との時は流れありですね。北から南に流れていました。

14:00に、帰港開始。むこ島を出た直後、潮波がかなり高く苦戦しました。大潮ですからね。大潮で上げ潮のときは、むこ島、媒島(なこうど島)間は要注意です。

潮波を超えて、嫁島のマグロ穴をのぞいて、それから西に大回りして、潮波を避けつつ、16:30帰港しました。

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード0572

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional