小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

6月13日 嫁島ツアー → 荒天の為、島周りBプランに変更

6月13日 嫁島ツアー → 荒天の為、島周りBプランに変更

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

6月13日 嫁島ツアー → 荒天の為、島周りBプランに変更

画像の説明

今日は風が強く、西からのうねりが午後になるにつれて大きくなりました。行きは良くても帰りが厳しいと判断し、嫁島ツアーは急きょ、島周りプランに変更です。(この場合、差額はご返金させて頂きます)

島から出ると、湾口でハシナガ情報。早速いくといました。結構、大きな群れ。100頭ぐらいいたのではないでしょうか。飛び跳ねて、結構、アクティブ!

画像の説明

しばらくウォッチングして離れると、今度はウェザー下でハンドウイルカです。早速スイム開始!はじめは波が高い場所でしたが、瀬戸のほうに移動し、波がおだやかなところでスイムできました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

しばらくすると波が高い方に戻ってしまった為、さよならして、海中公園へ。今回の参加者様は素潜り人が多く、御蔵島で何度もイルカと泳いでいる方もちらほら。初日から参加頂いている方、また、前便から、何度もご参加頂いている方、更には去年の今頃来ていただいたリピーター様など、初めてではない方が半分以上いらっしゃいました。とても嬉しいです。

そんなわけで、素潜り人多数。スノーケルタイムとなると、みんな待ってましたとばかり、潜る潜る。ほっておくと、低体温症になるまで上がってきませんw こちらでセーブをしないといけませんでした。^^;

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

海中公園を離れた後は、巽島のマグロ穴へ・・・向かう途中に、イルカと遊んでいる船発見!近づいてみると、ハンドウイルカ二頭の群れ。東側はとても静かで、イルカものんびり泳いでおり、触れるくらい近くを泳げたと、感動されていました。

画像の説明

画像の説明

その後、巽島のマグロ穴へ。今回もイソマグロ多数!しかし、先鋒を見て逃げてしまったようで、後ろの人は見れなかった様子。残念。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

風が強かったので、再度北上し、釣り浜でおひるごはん。ここでも潜る潜る。また、アオウミガメと泳ぐこともできて喜ばれていました。釣り浜ってアオウミガメ率、高いんですよねぇ。

あと、クマノミもいるんです、実は。あとですね、ここだけの話ですが、何年か前にジンベエザメも出たことあるんですよ、釣り浜に。こんな浜、世界中でここだけなのではないでしょうか。

画像の説明

さて、午後からは、東側をイルカを探しつつ北上。とても静かなのですが、静かすぎましたw なにもいません。孫島まで行き、今日いくはずだった嫁島の方角を見ましたが、嫁島も雲に隠れてみえませんでした><

南下するとものすごい風、そこから更に瀬戸を抜けて西側にいくと、ものすごい波w どんぶらこっこどんぶらこっこと帰りました。

明日は今日よりも波が高くなるということで、ツアー中止です。TT

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード2181

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional