小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

6月19日 Bプラン アオウミガメスイム マンタスイム ドルフィンスイム 沈潜素潜り 大潮のドリフトスノーケル

6月19日 Bプラン アオウミガメスイム マンタスイム ドルフィンスイム 沈潜素潜り 大潮のドリフトスノーケル

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

月19日 Bプラン アオウミガメスイム マンタスイム ドルフィンスイム 沈潜素潜り 大潮のドリフトスノーケル

画像の説明

天気は晴れ 西からの多少の波と風はありましたが、東側は特に穏やかな海でした。

連日参加されているお客様、島民様など、泳げる方ばかり。今日はとことん遊ぶ気満々でスタートです。今日のリクエストはアオウミガメと泳ぎたい、沈船で素潜りしたい、大きな魚、イルカと泳ぎたいというリクエスト。まずは、沈船から。丸山崎という生け簀が沈んでいるポイントで素潜りをしました。

画像の説明

画像の説明

傍から見るとおそらく非常に地味なのですが、こうした地形を楽しむ素潜りは、私も地で好きなことなので、こういうリクエストがあると嬉しいものです。その後は大きな魚を見るために、ドブ磯、巽島マグロ穴へ。ちょうど潮止まりの時間、イソマグロはいてくれました。なんとアオウミガメも。一石二鳥です^^

画像の説明

画像の説明

その後、近くの他船様がマンタを見ているとのことで寄らせて頂きました。しかし、すぐに潜ってしまいました。マンタを見たいという強い要望があったので、そこから粘りました。40分ぐらい巽湾をウロウロ。すると、いましたいました。巽島の近くで、マンタのヒレがパタパタしていました。早速マンタスイム開始!すると、えーらいスピードでいったりきたり!あんなスピードで泳ぐマンタを私も初めてみました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

マンタがずっと見たかったお客様も、大満足。あのマンタのヒレでは叩かれたいとか言っていました。まったく意味がわかりませんww

お昼休憩はバラ沈という70mの船が12mの深さに沈んでいるポイントへ。昼食の後は早速沈船スイムです。なんと!前の便で初めてスノーケルをされた方なのですが、通しで参加されるなかでみるみる素潜りがうまくなり、今日12mの深さまで到達してしまいました。こっちが驚きました。私はこの深さ3か月はかかったような・・・汗

午後は、大潮ということで流れる海に身を任せて泳ぎながら景色を楽しむドリフトスノーケルとイルカと泳ぐというご要望。

宮の浜の中通し洞窟を皮切りに南島へ行き、閂ロック、霊丸岩とドリフトスノーケルをしてきました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

その後、ハートロック下でハシナガイルカ発見!あっちいったりこっちいったり神出鬼没です。

画像の説明

画像の説明

時間がさしせまっていたので、ハンドウイルカを探しに南島周辺へ。すると他船様の近くにハンドウイルカ!早速スイム開始です。かなり動きが激しい!よくみると、鼻が小さい、沖のハンドウイルカでした。普通のハンドウイルカもいて、こちらはゆったりのんびり。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

十分にスイムできて、さぁ帰ろうと走っていると、二見湾の入口でもハンドウイルカ!今度は本当にのんびり泳いでいます。もーいーかなーと思いつつ、1回だけ、スイムして帰ってきました♪盛りだくさんの一日でした^^

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード1482

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional