小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

9月8日 嫁島で魚突き

9月8日 嫁島で魚突き

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

9月8日 嫁島で魚突き

画像の説明

昨日はお休み。朝6:30に起きて、ふと嫁島にいきたいなぁと思い、7:30には出港していましたw

未曾有のベタ凪。つるっつるで滑るように嫁島へ。ほぼ1時間で着いてしまいました。(8:30前後)

画像の説明

マグロ穴の動画・・・

まずはマグロ穴をのぞいてみると、ギンガメアジ、ロウニンアジ、カッポレはいましたがイソマグロがおらず。水も若干濁りめ。小潮の潮どまり時間を狙いましたが結構流れが速くて注意が必要でした。

画像の説明

クチジロが群れでお出迎えしてくましたw

画像の説明

船の回りでうろうろしていると、おいしそうなカッポレが通り過ぎたので、思わず突いてしまいました。

意外と大きい。8kg弱です。引き込む力が強くて、フロートなしだと危ないですね。このサイズのカッポレは。

画像の説明

マグロ穴を見た後は、スノーケルポイントリサーチ。次回、嫁島ツアーがあるので、スノーケルできるところも探しつつ。

マグロ穴から東側を北上し、割と近場の湾をのぞいてみました。

□ポイント1 嫁島南東側の小さな入り江

画像の説明

魚があまりおらず、地形が面白かったので地形ポイントかなと思っていたところ、岩場には結構な魚影がいました。泳ぎ釣りしても面白いかもしれませんね。

画像の説明

画像の説明

□ポイント2 嫁島東側のブイポイント

嫁島にはひとつしかブイがないので、嫁島にいったことがある人ならスノーケルをしたことがあるであろうポイントです。

ブイの下は水深12mくらい。サンゴがひたすら繁茂していてキレイです。

画像の説明

長細い岩の回りが魚影が濃いですが、その分、流れも速く注意が必要ですね。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

浅場に大きなツチホゼリがいました。これは取り逃がすも、8kgサイズのスジアラ(厳密には黒斑アラ)がいたので、こちらもゲット。

画像の説明

あと5か所ぐらい回りました。西側にも面白いポイントがいくつか。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

なんでもないポイントでも、巨大なスジアラやカッポレが現れるのが嫁島のすごいところですね。ちょっとした入り江で泳いでいても飽きません。

嫁島は周りがとても深い海なので、浅場で泳いでいても、深場の魚や大物が当たり前の顔をしてひょっこり姿を現すのが面白いと思います。

また底深なぶん、流れが速く、その分、危険で経験を必要としますが、その分、ダイナミックな海を堪能できます。

昼過ぎには満足してしまったので、帰路に向かいます。帰りも1時間程度。帰りのベタ凪はさらに磨きがかかっていました。w

13:30発くらいで、14:30着です。嫁島、近いですねw ただ、通常は1時間半かかります。あらかじめご了承ください♪

 次の嫁島ツアーは明後日10日土曜日。まだ空きはありますよ^^

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード5653

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional