小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

9月30日 Bプラン ドルフィンスイム&ウォッチング 海中洞窟 沈潜スノーケル&素潜り

9月30日 Bプラン ドルフィンスイム&ウォッチング 海中洞窟 沈潜スノーケル&素潜り

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

9月30日 Bプラン ドルフィンスイム&ウォッチング 海中洞窟 沈潜スノーケル&素潜り

画像の説明

海は昨日よりは静かになりましたが、まだうねりが多少残っていました。風もありますが収まりつつあります。昨日より静かな海でイルカと泳ぎたいねぇということで、まずは南島周辺へ。海は昨日よりだいぶ静かになっていました。

南島を西回りでハートロックまでいって帰ってきましたが、イルカはみつからず。そのまま北上するとタコ岩付近でハシナガイルカ情報。現場に行きますと、かなり、ゆったりとハシナガイルカが泳いでおり、飛んだり跳ねたりアクティブ。せっかくだからということで、スイムしてみました。水中には100頭前後のハシナガイルカ。透明度の高い水中で見るハシナガイルカの群れは、見ごたえがあります。

画像の説明

そのまま北上し、西島大穴に入ろうとしましたが、うねりが入っており、断念。滝之浦へ行き、沈潜ポイントで、素潜りタイム。12mの深さがありますが、深く潜れて楽しかったそうです。今回通しのお客様がほとんどで、3日目になりますと、急に素潜りが潜れるようになるから不思議です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

その後、南島付近でハンドウイルカ情報があったので、ハイパードライブで駆けつけますと、ハンドウイルカがいました。

とてもゆっくり動いていて、本当に触れそうな近さをのんびり泳ぐことができて、お客様も感動されていました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

お昼もまわり、昼食ポイントを求めて北上。ひょうたん島で昼食休憩&素潜りタイム。皆さま、隙あらば素潜りしています。急に潜れるようになったお客さまも。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

さてさて、まだ行けていない海中洞窟へ、ということで中通し洞窟でドリフトスノーケルです。多少波がありましたが、小魚がたくさんみられたようです。

画像の説明

3日連続一緒のツアーですと「戦友」のような意識が生まれて、自然と会話も弾みます。

画像の説明

最後に亀と泳ぎたいというリクエスト。亀遭遇率の高い南浮磯でスノーケルしてみましたが、残念ながら亀は見られず。地形を楽しむスノーケル&素潜りをして帰ってきました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

PS、明日はCプラン。満員です♪

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード8742

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional