小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

10月15日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟 沈潜スノーケル・素潜り

10月15日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟 沈潜スノーケル・素潜り

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

10月15日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟 沈潜スノーケル・素潜り

画像の説明

今日の天気は午前中は晴れていましたが、昼頃から曇り後、雨。波も北東からのうねりが入り始めており、東側はばしゃばしゃ。西側も北にいけばいくほど、高いうねりがありました。しかし、海水温は相変わらず温かく、透明度も高いボニンブルー。水に入ってしまえば、こっちのものですね。

出港してまずは北上。滝之浦の沈潜でスノーケルタイムです。透明度が高いと、ここの沈潜は迫力があります。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

沈潜の後は、中通し洞窟で海中洞窟スノーケル。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

東側から西側に流れていくと、浅場から急に深くなり、その先には渓谷のような絶景が広がります。流れにのって、海中の絶景をお楽しみ頂きました。

その後、イルカ情報があった南島へハイパードライブ。二頭のハンドウイルカがいました。しかし、波が結構あり、途中ロストして苦戦しましたが、なんとか5回泳ぐことができました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

二見湾内、境浦の沈潜で昼食&スノーケルタイム。やはり皆様、浅いほうが安心できるようですw 

画像の説明

画像の説明

画像の説明

午後は、浅場の魚群ポイント、ホワイトロックでスノーケル&素潜り。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

みなさま、魚の多さに驚かれていました。

その後、イルカを探して、弟島のこうもり岩まで行きましたが、波が北にいけばいくほど高く、そのまま南下して、二見湾に戻りました。

係留場所に戻っている最中に、かわいらしいお客様がいらっしゃいましたよ。船首で、見張りをして頂きましたw

画像の説明

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード2759

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional