小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

10月21日 Aプラン 南島上陸 ドルフィンスイム 海中公園スノーケル

10月21日 Aプラン 南島上陸 ドルフィンスイム 海中公園スノーケル

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

10月21日 Aプラン 南島上陸 ドルフィンスイム 海中公園スノーケル

画像の説明

だいぶうねりもおさまり、天気は快晴。いい海ですね。ときおり、冷たい水や、冷たい風が吹いてきて、雲も高く、秋が来たことを感じさせます。

ハワイではもうザトウクジラも見たようで、おそらく小笠原でも1か月以内にザトウクジラを見ることができるのではないでしょうか。

二見湾を出て、まずは、二見湾内のダイビングポイント、イエローで、チェックスノーケル&素潜りです。

昨日の方はもちろん、今日からのお客様もスノーケルにはかなり慣れている様子。

南島に少し遅れて向かいました。いつもは直行しますが、先に行かれたツアー船の方々で、南島は混雑が予想されたため、少し時間をずらそうと、イルカを探しつつ、西側を念入りに。

そこで、すぐ近くにイルカ情報の無線を頂き、現場に行き、一緒に探させて頂いたところ、サメ池付近にいました、ハンドウイルカ。

最初、3頭ぐらいだったのが、だんだん増えて、6頭くらいの群れになりました。

かなりゆっくり近くを泳いでくれて、行ってしまったと思ったら帰ってきたり、とてもフレンドリーなイルカでした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

イルカと泳いだ後の記念撮影^^

画像の説明

イルカの後ろには、1mのカマスサワラがついてきていました。おいしそう。イルカのおこぼれを狙っているのかな。

画像の説明

十分にイルカと泳いだ後は、南島へ。
時間をずらしたおかげでほぼ貸し切り状態の南島でした。(当社含めて2社)

画像の説明

すでにイルカと泳いでいたので、気楽に私もくつろげました。
こんなに南島でのんびりしたのも久しぶりです。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

扇池はバシャバシャでしたが、

画像の説明

画像の説明

扇池が松竹状態だった(波が高かった)ので
波打ち際で水浴びしました。

みなさん、楽しそう。
なかなかでてきてくれませんw

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

うちに来るお客様は、こういう、のんびりとした、無邪気な、子供の頃に帰れるような時間が過ごされたくて、少人数制のツアーに参加されるのかもしれないなぁと、うすぼんやりと思いながら見てました。(一緒に遊びたい~なんて思ってましたw 安全管理 安全管理)

南島トレッキングを終えて、サメ池で昼食休憩。

その後、のんびりしながら、北上していき、兄島海中公園でのんびりスノーケル。

こちらも、後半は貸し切りでした。時間をずらすといいことばかりですね。

かなり長めにスノーケルタイム。

すさまじい魚の群れと一緒に泳いで、魚を見たい見たいと言っていたお客様は大喜びでした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

さすが素潜りの学校のお客様。
潜る潜る。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

最後にのんびり帰ろうとしたところ、ひょうたん島の近くでハシナガイルカという情報を頂き、そちらへ。

かなりたくさんのハシナガイルカがいました。

画像の説明

画像の説明

ジャンプをたくさんしていて、ムーンサルトも見せてくれました。

ツアーを終盤だったため、お客様も感激されていました。またね、と手を振っているように見えましたね。

最後に、全速力でイルカの回りをぐるぐると回り、ひき波で遊ぶイルカを見ながら、船ごとイルカと遊んで、帰ってきました。

今日はとても恵まれた一日となりましたね。
ツアーにご参加いただいた皆様、イルカ情報いただいた、シータックさん、竹ネイチャーさん、ありがとうございました^^

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード5596

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional