小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

10月22日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟スノーケル サメスイム

10月22日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟スノーケル サメスイム

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

10月22日 Bプラン ドルフィンスイム 海中洞窟スノーケル サメスイム

画像の説明

今日は曇り。ですが、海はおだやか。気温も温かくすごしやすい一日でした。

今日のリクエストは、イルカ、サメ、海中洞窟!ということでまずはイルカを求めて南島周りをグルグル。

いったりきたり、沖にでたり、かなり時間をかけましたが、見当たらず。そのままハートロックの真下を通り、

画像の説明

天の浦海蝕洞窟を船上から鑑賞し、

画像の説明

そのまま巽湾をマンタを探しながらぐるっとまわって、巽島のマグロ穴へ。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

ダイナミックな海中洞窟で、イソマグロがいることがありますが、この日は見当たらず。代わりに小魚たちがたくさんいました。

そのまま北上を続けると、ハンドウイルカを発見。7頭の群れ。眠っている素通りのイルカでしたが、何度か、かなり近くを泳いでくれました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

船上からも少しウォッチングしました。

ワシントンビーチで昼食休憩&スノーケル。ワシントンビーチ、久々に泳ぎましたが、なかなか魚影が濃いですね。特に東のほう。

画像の説明

また、少しだけ素潜り講習をしました。(ツアー中は基本的には素潜り講習はいたしませんが、オプションによるご要望、または4日間連続ご参加のお客様がいらっしゃる場合は、講習をさせていただく場合があります。人数や海況、イルカの出状況などにより、催行できない場合もあります)

4日連続ご参加のお客さまで、膝が曲がっているのが気になったので、ご指導させて頂きました。

ビフォー

お手本

アフター

膝が曲がっていると何がよくないのかというと、膝から下を背中がわにひくときに、この動きがブレーキになって、思うように進めないことです。

また、魚突きなどをやるときは、膝を曲げる動きが魚を驚かすため、うまく魚に近づけません。

ご自身の動画をご自身で見て、お手本と比べて頂くと、かなり短期間に、癖が改善されます。このときも1回だけでかなりの違いができました。なによりです。

さてさて、午後はリクエストのあったサメポイント。

東島の蹄鉄岩です。ネムリブカが二匹いましたが、一緒に大量のウメイロモドキがいて、綺麗でした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

次の洞窟に向けて移動中に、西島にてハンドウイルカがいるとの情報。早速いってみると、いました、ハンドウイルカ。が、潜ると長い!なかなか苦労しましたが、なんとか泳ぐことができました。

画像の説明

画像の説明

そして、西島に行く途中にハシナガイルカを見つけたのですが、ハンドウイルカを優先していたので、無線でお知らせして、素通りしました。

そのハシナガが滝之浦にいるとのことで、とんぼ帰りして、見に行きました。ジャンプしたりしていてかなり活発。ゆっくり泳いでいるようにも見えたので、2回ほどスイムしました。

画像の説明

しかし、日が沈むのが早い!15時すぎると海の中はもう真っ暗のようです。
今日は盛沢山で、かなり、時間をオーバーして帰港しました。あ、集合写真、忘れた!

PS、西島のイルカ情報を頂いた、ブルーレースさん、カムクルーズさん、ありがとうございました!

素潜りの学校は今、何位?
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード9117

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional