小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

無料講座「スノーケルの器材選び マスク」

無料講座「スノーケルの器材選び マスク」

素潜りの学校は今、何位?
※日付が変わると新たな1クリックが有効になります。よろしくお願いします<(_ _)> 
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

こんにちは、
素潜りの学校、校長の岡崎です。

今日はマスクについてお話しますね。

マスクは水中の景色を見る上でもっとも大事なものですが
意外とこだわっている人が少ないです。

自分にあったちゃんとしたマスクを買うか買わないかで
その後のスノーケル・素潜りライフは天と地ほども
変わりますからね。

買うなら、ちゃんとしたものを買いましょう。

画像の説明

■スノーケルの器材選び マスク

マスクですが、
どれでも同じかと思っている人もいるかもしれません。

ひとつひとつ
全然、違いますからね。

まず、ひとえにマスクといっても
ざっくりわけて、

・ゴーグル
・一眼マスク
・二眼マスク

の3種類あります。

・ゴーグル

画像の説明

ゴーグルは、まぁ、わかりますね。
プールで使うやつです。

で、ゴーグルは素潜りには適していません。
なぜなら、鼻からマスク内に空気を送ることができないからです。

空気が送れないとどうなるかというと
潜れば潜るほど、水圧で目が押さえつけられるということです。

へたするとアザになったりしますし、
眼球が飛び出てきたりしますので
ご注意ください。

・一眼マスク

画像の説明

一眼マスクはよく海女さんがつけているやつですね。
ドラマのあまちゃんでもこれがでていました。

ものによるんですが、これでよくないのは
鼻がつまめないものがあるということです。

鼻がつまめないということは、
耳抜きができないということです。

耳抜きができないと鼓膜が破れますから
非常に危険です。

また、視力が悪い人の度を入れることができない、
というデメリットもあります。

視界は広いんですけどね。

ただ、最近は鼻がつまめるタイプのものも多く、
それであれば、視力さえ問題なければ、
特に問題でもありません。

・二眼マスク

画像の説明

一番、オーソドックスなマスクですね。
海でスノーケルするマスクといえば、これが一番
よく使われています。

で、これのいいところは、
さきほど、少し言いましたが、
レンズに度をいれて、視力矯正ができるということです。

アクロスというお店では、実際に店舗で
度を入れて、試着させてくれることができます。

かならず試着しましょう。

で、もうひとつ、
高いもの、良いと言われるものほど、
ガラスの内側の空間が狭いです。

これは
視界が広くなる、というのもありますし、
マスク内に空気を送るとき、少ない空気ですむ
というメリットもあります。

また、水の抵抗が少なくなりますので
泳ぎやすいというのもありますね。

■動画を撮るならマンティス

二眼マスクいろいろあるのですが、
GoProなどで水中動画を撮るなら、GULLのマンティス
というマスクがいいです。

なぜかというと、マスクに直接、つけられる
アダプターが売られているからです。

これです。

  

カメラアタッチメント
http://amzn.to/2edU7z2

マンティスのマスクは、トップにネジ穴があって
それにこれを直接つけられるのですね。

ゴープロによる水中撮影を
頭にはめるバンドで撮る人もいますが

これ
http://amzn.to/2edNfC8

おすすめしません。

ジャックナイフで潜るときに
頭から外れます。

これで外れて、海底までとりにいったことがあります。

海底があればいいですが、
イルカと泳ぐときは、大抵、海底なんか見えないですからねw

あと、マンティスでも、トップの真ん中部分がへこんでるタイプ
のものがありますが、それだとこのアダプターがぴったりつきません。

トップが平らなマスク用にこのアダプタはできています。
ご注意ください。

こんな感じの動画が撮れます。

■今は通販で買える

マスクはなるべく専門店で試着してから
買うことをおすすめします。

「しっくりくる」

のがすごく大事だからです。

特に顔の形にあっているかは大事で、
あってないと、水がマスクの際から入ってきます。

あっているか見分けるコツは
ストラップをつけないで顔にはめて
鼻から息をすって、顔に貼り付けた状態で
左右にふってみて、落ちなければOK。

落ちれば、空気がどこかから漏れているということですから、
顔に合っていません。

ただし、マンティスのマスクを売っている店は
そうどこでもあるものではありません。

近所にない方はやはり、通販で買うしかないでしょう。

幸い、最近では通販でも
いいものが安く変えます。

  

アマゾン 「マンティス マスク」
http://amzn.to/2eMNoIQ

アマゾンで買うと、
届いてから30日以内であれば返品できます。

顔に合わせてみて、あってなければ返品ということも
できるわけです。

ただ、返品しすぎるとアカウントがとまるらしいので
ご注意くださいね。

■余談

余談ですが、最近、フルフェイスタイプのスノーケルマスク
というのがあるそうで、一度だけ、つけている人を見たことがあります。

これ、おすすめしません。
理由は「耳抜きができないから」です。

ただ、スノーケルをくわえなくていいので、あごが
楽らしいです。

それと鼻から息ができるのがいいらしいです。

でも、マスク曇ったらどうやって、水入れて
マスククリアするんでしょうね。

あと顔にぴったり合わないと
がばがば水が入ってくると思いますよ。

小さなお子様がスノーケルの楽しさを知る入門としては
いいかもしれないですね。

  

素潜りの学校は今、何位?
※日付が変わると新たな1クリックが有効になります。よろしくお願いします<(_ _)> 
  ↓↓↓↓

   にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

コメント


認証コード7701

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional