小笠原父島でドルフィンスイムとホエールウォッチング 南島上陸 素潜りの学校

7月2日 半日Bプラン

7月2日 半日Bプラン

7月2日 半日Bプラン
メンバーは初日から通しで参加いただいている顔馴染みのお客様ばかり! 最終日の海もべた凪でばっちりなコンディション♪ まずは湾からでたらすぐにイルカをウォッチングしている船団が、、、 近づいてみるとハシナガイルカの群れがいました。そのなかに3頭のハンドウイルカの群れも1 早速、ドルフィンスイム開始です。。
画像の説明

イルカたちは一緒に遊んではくれるものの、元気が有り余りスピードが速く追いつけず… 30分ほどの間に5回のドルフィンスイムを終え、船の上からジャンプするハシナガイルカたちをウォッチング!。

画像の説明
十分にドルフィンスイム、ドルフィンウォッチングをおえたら、1つめの素潜りポイント、兄島滝之浦湾の沈船へ。 透明度もとてもすんでおり、沈船の周りの魚たちを水面からも眺められました。マスト部分の下にはヨスジフエダイもしっかり群れていました♪ 4日目ということもありみんなぐんぐん潜っていました♪

画像の説明
十分に準備体操をしてから、今度は5分ほど船を走らせ、父島宮の浜近くにある、中通し洞窟へ。 珊瑚礁に囲まれた地形で、流れに乗りながら緩やかに洞窟をドリフトスノーケルをしつつ、くぐりました♪青が綺麗♪
画像の説明
そして次のポイント、西島東磯へ!40~50匹のツバメウオと一緒に泳ぎました♪こちらも透明度が高い!みなさま、がんがん潜って、ツバメウオを間近にみていらっしゃいました。 最後は西島の大穴へ。穴の中から外を見ると、青の洞窟ともいわれるのも納得な、ブルーと太陽の光が最高に綺麗でした^^ 帰りの父島へのクルーズ途中にウメイロモドキの船上からもはっきり見えるほどの群れがいたので急遽素潜りタイム! 水深30mありますが、海底までしっかり見えるぐらいの透明度!地形にも迫力がありました! 時間が来たのでイルカを探しながら帰港しました。最高に気持ちいクルージングで最終日、お開きとなりました^^v (SHIORI)

コメント


認証コード5711

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional